弘 前 ね ぷ た の 伝 統 を 守 る …
◇茂森新町ねぷた同好会◇

SHIGE-KAITEN.jpg (23554 バイト)

sun.gif (134 バイト)茂森新町ねぷたの歩み (調整中)
sun.gif (134 バイト)茂森新町ねぷた同好会会則
sun.gif (134 バイト)茂森新町ねぷた製作風景
sun.gif (134 バイト)茂森新町ねぷた運行隊形
sun.gif (134 バイト)過去の鏡絵・見送り絵の題材と賞 (調整中)
sun.gif (134 バイト)ねぷた小屋 場所
sun.gif (134 バイト)25年連続出陣記念誌−編集後記から−
sun.gif (134 バイト)お花見仕様担ぎねぷた 製作風景
sun.gif (134 バイト)平成11年青森テレビ「弘前ねぷた」紹介【音声】(2分)
sun.gif (134 バイト)茂森新町ねぷたっ子による作文


ねぷた本体全てを人力で回転し完全な姿をお見せします


照明の調整作業は制作工程の中で特に重要です

◆平成30年弘前ねぷたまつりコンテスト 青森県知事賞◆会員の皆様、及び町内外の有志の皆様、ご協力ご支援ありがとうございます 今後ともよろしくご賛同お願い申し上げます
 会の歴史
              → 歩 み(調整中)
 町内のご長老の話によると、大正初期から町内の有志が集まり運行していたとのこと。制作者の大半はねぷた好きのりんご農家だったため、りんご価格大暴落の昭和43年頃は経済的に苦しく参加できない年代もあった。元来、ねぷた好きの町民は子供も大人も祭り時期になると物足りなさを感じずにはいられなかった。

 現在の同好会発足以前は町内の有志で運行していたが、会の結束をより強くするため、当時の神 幸助 町会長が中心となり、昭和49年、会員制の『茂森新町ねぷた同好会』が発足した。

 会の名前の由来  同好会発足当時、『…ねぷた愛好会』という団体名も考えたが、当時の神 町会長ら役員は「ねぷたは同じく好きな人どうしが楽しむ」意味で『…ねぷた同好会』と決定した。
 会の活動方針  「子供たちの健全育成」と「地域住民の親睦
 構成メンバー  健全な子供たち、町内および町外の有志
 会のアピール  ねぷたは常に前を向き、肩で風切り、回転技で、弘前城下の夜を熱くする…。

 「弘前ねぷた」は常に正面を見据え肩で風を切り、歴史と物語あふれる古都弘前の夜道をいなせに歩くもの。木製で上下回転装置なしのねぷたは常に正面を向き、品格ある本来の美しい姿を見せ、電線をかわして行きます。町内のねぷた小屋から出陣し、帰りは最後まで隊列を崩さず全員一緒に戻り囃子で小屋へ帰る。疲れるからこそ、おみやげもうれしい「ねぷた」。また、勇壮な音色を奏でる子供たちのお囃子は必聴。

 この、弘前ねぷた「本来の姿」と「品格」を守るため、古き伝統と新しき発想を調和させ、後世へと伝えていく 『茂森新町ねぷた同好会』

 事務所  弘前市茂森新町2丁目3−3  横山自転車店内
 役員、

 組織構成など

会 長     ( 運 行 責 任 者 )
副会長     ( 製 作 担 当 )
副会長     ( 運 行 担 当 )
副会長     ( 囃 子 担 当 )
役員 30余名(会計、監事、庶務、製作、囃子)   顧問5名   会員130余名(平成28年現在)

本サイトは公式ホームページではございませんが写真等の複製・転用等はご遠慮願います。お問い合わせは管理者ホームページ BBS(掲示板)からお願い致します。